深海のふしぎな生きものと海洋プラスチック汚染

イメージ画像
宇宙よりも探査が難しいと言われる深海。
その謎に包まれた深海の調査研究を行っている海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究者をお招きし、深海生物の生き方の工夫などを通して海の生物多様性について学ぶとともに、地球規模での汚染が懸念される海洋プラスチックごみ問題の現状とJAMSTECでの取り組みを紹介していただきます。そして、これらが全世界で向き合っている持続可能な開発目標(SDGs)にどのように関係するのかについて考えます。

開催日時・会場

日時
令和2年3月1日(日)13:00〜16:00(開場12:30)
会場
こうち男女共同参画センター ソーレ3階大会議室
高知市旭町三丁目115番地

※駐車場が狭く限りがあります。電車・バスなどの公共交通をご利用ください。


入場料・対象年齢のめやす

入場料
無料 申し込み不要
対象年齢
小学3年生以上

深海の生きものと海洋プラスチック、そしてSDGs

講演 13:00〜

イメージ画像

講師 藤倉 克則 さん

海洋研究開発機構(JAMSTEC)地球環境部門  海洋生物環境影響研究センター長

海の生物多様性と私たちのくらし

パネルディスカッション 13:50〜

■パネリスト
JAMSTEC
藤倉 克則 さん

JAMSTEC 高知コア研究所
石井 俊一 さん  

むろと漁師の水族館 marine+
松尾 拓哉 さん

■進行
高知生物多様性ネットワーク
岩瀬 文人 さん  

ワークショップ&展示 15:00〜 

■田んぼ微生物発電
田んぼや深海の泥に住む電気微生物(発電菌)を利用して発電する微生物電池を展示。
土の中に潜む隠れた微生物の能力について紹介します。

講師 JAMSTEC 高知コア研究所 石井 俊一 さん
田んぼ微生物発電
 
■深海生物タッチングプール
室戸の海からやってきた深海生物をさわって観察してみよう!

講師 むろと漁師の水族館 marine+ 松尾 拓哉 さん
深海タッチングピール

■生物多様性×こうち パネル展

深海のふしぎな生きものと海洋プラスチック汚染 [PDF 1.99MB]

画像をクリックするとPDFが開きます。

深海のふしぎな生きものと海洋プラスチック汚染

主催

高知県環境活動支援センターえこらぼ(高知県委託事業)

協力

海洋研究開発機構(JAMSTEC)高知コア研究所

お問合せ

高知県環境活動支援センターえこらぼ(運営:NPO法人環境の杜こうち)
TEL:088-802-7765 
FAX:088-802-2205 
E-mail:center@ecolabo-kochi.jp