深海のふしぎな生きものと海洋プラスチック汚染

イメージ画像
宇宙よりも探査が難しいと言われる深海。
その謎に包まれた深海の調査研究を行っている海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究者をお招きし、深海生物の生き方の工夫などを通して海の生物多様性について学ぶとともに、地球規模での汚染が懸念される海洋プラスチックごみ問題の現状とJAMSTECでの取り組みを紹介していただきます。そして、これらが全世界で向き合っている持続可能な開発目標(SDGs)にどのように関係するのかについて考えます。

会場・日時

日時
令和3年2月27日(土)13:30〜15:30(開場13:00)
会場
高新文化ホール 高知新聞放送会館 東館7F
高知市本町3-2-15

申込について(要申込)

えこらぼホームページの申込フォーム、メール、FAXのいずれかでお申し込みください。

申込メールフォーム:こちらよりお申込みください
Email:center@ecolabo-kochi.jp
FAX:088-802-2205

申込締切
2月20日(土)
定員
先着60名 ※定員に達しましたので申込を締め切りました。

ライブ配信(申込不要)

イメージ画像
Youtube「えこらぼチャンネル」にて講演とパネルディスカッションを
無料ライブ配信します!
※令和3年3月7日まで配信アーカイブを公開しています。

URL:https://youtu.be/x5BxItYN35A


参加費・対象年齢のめやす

参加費
無料
対象年齢のめやす
小学3年生以上

深海の生きものと海洋プラスチック、そしてSDGs

講演13:30〜

イメージ画像

講師 藤倉 克則 さん

海洋研究開発機構(JAMSTEC)地球環境部門
海洋生物環境影響研究センター長

海の生物多様性と私たちのくらし

パネルディスカッション14:20〜

■パネリスト
JAMSTEC
藤倉 克則 さん

JAMSTEC 高知コア研究所
星野 辰彦 さん  

遊漁船「海来」船長
松尾 拓哉 さん

■進行
高知生物多様性ネットワーク
岩瀬 文人 さん 

深海のふしぎな生きものと海洋プラスチック汚染 [PDF 1.94MB]

画像をクリックするとPDFが開きます。

深海のふしぎな生きものと海洋プラスチック汚染

主催

高知県環境活動支援センターえこらぼ(高知県委託事業)

協力

海洋研究開発機構(JAMSTEC)高知コア研究所

注意事項とご協力のお願い(新型コロナウイルス等感染予防・拡散防止策について)

・会場内では常時マスクを着用してください。
・入場時は受付で検温をさせていただき、37.5度以上の発熱がある方はご入場をご遠慮いただきます。
・入場時の手指の消毒や場内での手洗い励行などにご協力をお願いします。
・会場に到着する以前に、既に発熱・咳・全身痛等の自覚症状がある場合や調がすぐれない場合は、無理をなさらずご来場をお控えください。
・主催者スタッフは全員マスクを着用し、消毒液の設置、会場内の換気等の感染予防対策を行います。
・ソーシャルディスタンスを確保するため、座席は会場収容人数の50%以下に制限して開催させていただきます。
・事情により、出演者がオンラインで登壇する場合があります。その場合は会場内のスクリーンで聴講していただくことになりますので、予めご了承ください。

お問い合わせ

高知県環境活動支援センターえこらぼ(運営:NPO法人環境の杜こうち)
〒780-0935
高知県高知市旭町3丁目115番地 こうち男女共同参画センター3F
TEL:088-802-7765 
FAX:088-802-2205 
E-mail:center@ecolabo-kochi.jp